KLIMT クリムトのこだわり

KLIMTは2002年の開店以来 made in 静岡のオリジナル婦人靴ショップとして、
木型・デザイン・材料にこだわりがあります。

オリジナルデザインの靴づくり 木型(ラスト)について

1.木型(ラスト)について

靴づくりにおいて、木型は基本となる大変重要なものです。
全く同じデザインでも木型によってまるで違う仕上がりとなり、見た目はもちろんの事、 履き心地が全然変わってきます。人それぞれ自分に合った型は違ってきますが、KLIMTでは、日本人の足に多いやや幅が広めの木型を多く用いています。

クリムトオリジナルのモカシン、スリッポン、レースアップシューズ

2.デザインについて

KLIMTの商品は、オリジナルでデザインし改良を重ねた定番商品がほとんどです。
詳しくは、ラインナップをご覧ください。

3.材料について

山羊革に金箔・銀箔で斜(しゃ)のプリント
山羊革に銀箔で斜のプリント

牛革・山羊(ヤギ)革・ポニーの毛 などの上質な革に、エナメル・ネット・凹凸・プリント・パンチングなどの独特な加工を施したものが多く、クリムトならではの個性を出しています。
山羊革に金箔・銀箔で斜(しゃ)のプリントをしたものなどは、柔らかく高級感があり、人気商品となっています。

底材

主に、合成クレープ、アクアクレープを使用しております。

       (合成クレープ)

モカシンに使用している合成クレープは、大変しなりがよく、タビに似た感覚。     ドライビングシューズのように運転にも適しています。

モカシンの底材 合成クレープ
合成クレープの柔らかさ
合成クレープ

      ( アクアクレープ)

スリッポンに使われる底材 アクアクレープスリッポンなどに使用しているアクアクレープは、発砲クレープともいい、クレープ材(天然ゴム)を発砲させてより軽量にしています。 衝撃を吸収して、長く歩いても疲れづらい底材です。